東京のバーチャルオフィス会社なら一等地のオフィスを用意できる

SITEMAP
東京のバーチャルオフィス会社なら一等地のオフィスを用意できる

不正利用の対策も含む東京バーチャルオフィス契約時に必要な書類

商談をする

ネット申し込みのクリック一つですぐに利用を開始するわけではなく、東京のバーチャルオフィスのサービスをするにあたり、提出が必要な書類もあります。東京のバーチャルオフィスは一般的な、賃貸事務所契約をするタイプとは少し違いますが、仮想という面からしても不正利用は阻止しなければなりません。サービスを提供する運営側としても、犯罪に使われては困りますし、本当に必要とする人に安心して使ってもらいたい気持ちもあります。
信用が何より大事になりますので、東京のバーチャルオフィスを契約するにあたり、本人を証明できる書類は必須です。履歴事項全部証明書はまさに、法人のための身分証明書にもなりますが、法人で契約をする際に必要となります。また法人の場合は、法人の印鑑証明書も同様に準備すべき書類です。
個人の印鑑証明書と住民票を用意するのは、個人事業主として利用をする場合になります。他にも個人であれ法人であっても、準備するべき書類がありますがこれは共通です。身分証明書は必ず顔写真入りであること、もしくは代表者免許証を用意、公共料金の書面も提出をします。電気やガスに水道や電話など、公共料金の請求書や明細はコピーで構いません。

郵便物も代わりに受け取り対応可能な東京のバーチャルオフィス

日本は世界からも驚かれるほどのサービス大国ですが、東京のバーチャルオフィスを利用する際にも、様々なサービスが用意をされています。ビジネスで東京のバーチャルオフィスを利用する際に、封筒やはがきなど諸々の郵便物はどうなるのか、事業開始と同時に必ず書面でのやり取りはあるため気になるはずです。
東京のバーチャルオフィスでは、送られてくる郵便物も代わりに受け取ってくれるため、本人が契約した貸し出された住所に、毎日受け取りに行く必要はありません。すべての送られてくるものを受け取り可能としているわけではなく、あらかじめ受け取りのできない種類に関しては、ホームページへの記載や契約時の規定でも確認ができます。生の食べ物だとか本人限定の郵便などは不可能であるものの、通常の郵便物のほとんど受け取り対応をしてくれるはずです。
とはいえすべての東京のバーチャルオフィスが、一律で同じ規定を設けているわけではありません。また代わりに受け取りをしてくれるのは良いものの、その後郵便物はどうなるのか、転送可能なのかなどは事前に確認が必要です。サービス自体は無料での対応か、有料で別途申し込みが必要なのか、自分で受け取りに行くこともできるかなども調べておく必要があります。

起業をする人たちにも選ばれている東京のバーチャルオフィス

いったい何のために東京のバーチャルオフィスを選び利用をするのでしょうか。昔からあるような賃貸のリアル事務所ではなく、仮想の事務所を選択する人達の理由は様々です。ですが東京のバーチャルオフィスに決める人で多いのは、独立をしたり新たに起業をするといったタイプであり、普通に事務所を借りると初期費用がかなり掛かります。費用面の大きな負担を考えずに事務所の設置はできませんし、初期費用が負担になるだけではなく、毎月支払う月額賃料も普通に住むためのアパートなどと異なり金額は高いです。
その点東京のバーチャルオフィスを利用すると、大幅に初期費用を抑えることができます。起業してすぐに売り上げが右肩上がりということは考えにくく、1年は赤字経営になることは珍しくありません。現実と照らし合わせて独立や起業での事務所選びをしたとき、あらゆる面で負担が少ないのはリアルな事務所ではありません。
住所は一等地でも毎月の支払いはリーズナブルで、日々出勤をする事務所ではなくても全く構わない、その要望を叶えるのは東京のバーチャルオフィスです。事務所を借りてスペースを使うわけではないものの、東京のバーチャルオフィスなら、東京の電話番号も住所も利用をすることができます。

様々なサービスを用意しているバーチャルオフィスを東京で利用するなら【ユナイテッドオフィス】がおすすめです。低コストに抑えたい人や、会議室も利用したい人など、それぞれの要望にしっかりと応えられるバーチャルオフィスを利用できます。

明るい会議室

法人登記が可能な東京のバーチャルオフィスを選びましょう

事業を始めたいけれど事務所を設置するための場所を借りる資金的余裕はないし、かといって自宅を事務所にするのはプライバシー保護の観点からしたくない、という方にとって便利なのがバーチャルオフィスです。…

MORE
考えるサラリーマン

個人事業主に最適な東京のバーチャルオフィス

副業でビジネスを行ってきた人が独立する場合には、個人事業主として開業届を提出するのが一般的です。また個人事業主が東京でビジネスを行う上では、将来的な会社登記でも役立つバーチャルオフィスを活用する…

MORE
東京の街並み

格安で利用できてオプションも充実の東京のバーチャルオフィス

ビジネスが盛んな日本の中心・東京には、ビジネスに便利に活用できるバーチャルオフィスが多くあります。バーチャルオフィスは住所を貸すサービスで、その住所を使って法人登記が可能なところもあります。リア…

MORE
仕事中のデスク

来客対応が出来るバーチャルオフィスを東京でレンタルしよう

バーチャルオフィスは便利な反面居住地から離れた見知らぬ土地に住所を借りるという事で、その事が原因で問題になるケースもあるので要注意です。前提としてバーチャルオフィスを会社の事務所として登記するの…

MORE